ロンドン:おすすめフィッシュ&チップスの店

海外旅行 > ロンドン:おすすめカフェ、レストラン、バー > ロンドン:おすすめフィッシュ&チップスの店

ロンドン:おすすめフィッシュ&チップスの店

ロンドンに行ったら、やっぱり1回は食べたいフィッシュ&チップス。私も大好きです。おいしいおすすめのお店を紹介します!(値段は、変更されるかもしれないのでHPで確認してください)


◆Golden Union Fish Bar(Soho)


地元の人も多く来るソーホーにあるフィッシュ&チップの店、Golden Union。


多い時は週に8回、揚げ油を取り替え、新鮮な魚を毎日仕入れ、イギリス国内のじゃがいもを使用するというこだわりで、大変おいしいと絶賛されています。そのおいしさは、ほぼ全ての有名雑誌や新聞のロンドン・ベスト・フィッシュ&チップスで、上位に入るほど!

goldenunion1.jpg


サクサクの衣、しっとりおいしいフィッシュ。ロンドン滞在中、2度、3度食べに行く人も多いようです。


ただ、スモールサイズ(sm)でも、なかなかの量。フィッシュだけ食べきるか、あるいは残ったらテイクアウトにするなど、考えておくのがおすすめ。ラージ1つを3人でシェアするといい、とアドバイスする人もいます。


料金は、COD & CHIPSが£11.95(sm)、HADDOCK & CHIPSが£12.50(sm)など。仕入れの値段で日によって若干違う料金のようです。タルタルソース付き。mushy peas/マッシー・ピーは£2.50。ホームメードのパイなどもおいしいという評判。


店内は、カジュアルで清潔。混んでいる時間は、賑やかです。オックスフォード・サーカス駅から徒歩5分ぐらいのところなので、観光やショッピングのついでに行けますよ!


<データ>
38 Poland Street, Soho
London W1F 7LY
http://www.goldenunion.co.uk
営業:毎日11.30am ― 10pm
★創業2008年


◆Kebisher & Malt(Shepherds bush/West London)


少し洗練されたフィッシュ&チップスのお店として人気のKebisher & Malt。ここも、いろいろな有名雑誌・情報誌のロンドン・ベスト・フィッシュ&チップスで上位に登場。West LondonではNo.1という人もいます。


このお店が特徴的なのは、フィッシュの調理法を3つから選べること。普通のフィッシュ&チップスを食べたいなら「battered」(ビールを入れた衣で揚げる)、ヘルシーがいいなら「grilled」(グリル)、そして「matzo」(伝統的なユダヤの無発酵パンのパン粉でしっかり揚げる)というのもあります。


普通のフィッシュ&チップスがヘビーだと思う人には、グリルがぴったり。でも、やっぱり、普通のフィッシュ(battered、写真下)を頼む人が多いみたいです。

kebisher1.jpg


また、チップス(フライドポテト)がとても太め。じゃがいもは地元の農家のもので、丁寧な二度揚げ(いちど揚げたら、冷ましてから再度揚げる)をしていて、外側はカリッ、内側はしっとり。フィッシュも新鮮で、とてもおいしいです。


ここは、フィッシュとチップスは別オーダー。なので、チップスは一皿でシェアすることもできます。フィッシュは、£6.95~7.95。チップスは£2.75。


サイド・ディッシュには、フェンネルとディルのサラダ、コールスローなどお洒落なものも!自家製ビール(ペールエール)もあります。メニューは全て、テイクアウト可能。

kebisher2.jpg


店内の雰囲気は、シンプルなカフェ風。ハマースミス駅から歩いて5分ぐらいのロケーションで、テムズ川にも近く、周辺の雰囲気もどこかうるおいがあります。


<データ>
164 Shepherds Bush Road,
London W6 7PB
http://www.kerbisher.co.uk
営業:日曜・月曜 12.00-21.30
   火曜~土曜 12.00-22.00
★Claphamなどにもお店があります。

★創業2011年


【フィッシュ&チップスの種類と食べ方】


<魚の種類> Cod/タラ、Haddock/タラ(モンツキダラ)、Plaice/カレイ(ツノガレイ)、Coly/タラ(コーリー)など。一番の王道はCodですが、Codより少し小ぶりのHaddockは身がよりしまっていておいしい気がします。どちらにしても、タラはさっぱりした白身の魚。カレイのほうが魚らしい匂いがして好き、という人も。CodやHaddock以外は、メニューにない店もあります。


<食べ方> ビールの入った衣で揚げてありますが、味は何もついていません。食べる時に、モルトビネガー、塩を自分の好みでかけます。モルトビネガーはたっぷりかけるのが、イギリス流。タルタルソースが出てくることも多くあります。つけ合わせで一般的なのは、mushy peas/マッシー・ピー(つぶしたえんどう豆)。


★ちなみに、マッシーピー(mushy peas)のmushyは、マッシュポテト(mashed potatoes)のmashとは違います。mushyは、ドロドロにお粥状にした、という感じ。粒々感が残っています。一方mashはペースト状にすることで、均一な食感です。


関連記事

  1. ロンドン:おすすめフィッシュ&チップスの店
  2. ロンドン(Regent St./SOHO)の優雅なカフェ「The cafe (Papillon)」
  3. ロンドン(SOHO)のおすすめバー「Bar Termini」。コーヒーも人気!
  4. ロンドン:スペイン・タパス料理の店「Casa Brindisa」(サウスケンジントン駅そば)
  5. レストラン・カフェのチップとDiscretionary Service Charge
  6. ロンドン:カフェ"Over Under Coffee" (アールズコート駅) ~おいしいアボカド・トースト発見!