ロンドンミュージアム:V&Aの行き方、見どころ、周辺のおすすめ

海外旅行 > ロンドン:おすすめ美術館・博物館(無料) > ロンドンミュージアム:V&Aの行き方、見どころ、周辺のおすすめ

ロンドンミュージアム:V&Aの行き方、見どころ、周辺のおすすめ

ロンドンでもお気に入りのミュージアムのひとつが、このビクトリア・アンド・アルバート博物館(美術館)。ヴィクトリア時代の建築物である建物にも目を見張りますが、館内は大変広いので、ここを見るなら少し時間に余裕をみたほうがいいです。

VandA1.jpg


常設展はもちろん無料ですが、とっても見ごたえがあり素敵な作品ばかり!超おすすめ!

V&Aの行き方と閉館時間、休館日


行き方は、地下鉄ならSouth Kensington駅から徒歩5分。地下鉄の路線は、ピカデリー・ライン(紺色)か、サークル・ライン(黄色)か、ディストリクト・ライン(緑色)。

VandA18.png


バスなら、14番、74番、414番、C1番のバスが、V&AのCromwell Road(クロムウェル・ロード)に面した正面入り口の前に止まります。


またハロッズやハーベイ・ニコルズからも徒歩10分~15分。V&Aを見てから、ハロッズやハーベイ・ニコルズでショッピングできて便利です。


閉館時間は17:45。ただし金曜日は22:00まで(閉鎖している部分もあります)。休館日は12月24日~26日です。

V&Aの見どころ・観光ポイント


このミュージアムは、当初若いデザイナーやアーティストを応援する目的で、工芸品や装飾品を集めて作られたのですが、その後、絵画や彫刻、家具、調度品、陶磁器、ファッション、写真など、とても様々なものがあります。


クロムウェル・ロードからの入り口を入ると目に入る、ゴージャスなガラスのシャンデリア。これだけで、ここに来た甲斐があります!


VandA2.jpg


入り口にマップやフロアガイドがあるので、それをもらいます。買うのではなく、寄付を1ポンドずつすればOK。

VandA3.jpg

本格的に見たいなら、ショップでガイドブックを購入できます。何しろまともに回ったら、見学コースは13キロにもなるそうです!


⇒V&AのHPから、MAPを事前にDLしておくこともできます。このページの中ほど(Accessibilityの上)にある、Printed mapから!


たくさんある見どころのひとつは、館内のカフェレストランの「モリス・ルーム」。ウィリアム・モリスがまだ若い頃に、公共の場のデザインを初めて手がけたのが、この部屋です。


漆喰は建築家のフィリップ・ウェッブ、ステンドグラスと壁の下絵はデザイナーのエドワード・バーンジョーンズが担当という、3人による作品。こんな素敵な部屋でお茶や軽食ができるなんて、さすがロンドンのミュージアムです!


(写真下が、「モリス・ルーム」)

VandA4.jpg

VandA5.jpg


ギフトショップには、ウィリアム・モリス・グッズがあり、お土産にも最適!


ほかには、「ラファエロ・ギャラリー」「ファッション・コレクション」、ミケランジェロやローマの有名彫刻の複製が並ぶギャラリー、演劇やミュージカルそしてミック・ジャガーなどまでの衣装や小物の展示、古代エジプトから現代まで約3500点のジュエリーの展示、中東のイスラム美術なども、このV&Aならではの見どころ。

VandA7.jpg

VandA6.jpg


さらに、東洋のコレクションも様々あり、日本の工芸品コレクションもとても豊富!鎧・兜から江戸時代の火消しの半纏などまで展示されており、改めて日本の素晴らしさをイギリスで実感したりします。Japanese Contemporaryのコーナーではキティちゃんグッズまで、ありますよ!

VandA9.jpg


有料の特別展(企画展)では、ときどき大人気でチケットを買うのにも大変な展示があります。過去の例では、Hollywood Costume展やアレキサンダー・マックイーンの回顧展など。特別展を見るなら、前売り券を買っておいたほうがいいかもしれません。

V&Aのカフェレストラン"THE V&A CAFE"


3つほどあるお店で好きなものを買い、好きな席で食べられる、カフェテリアのように気軽なカフェレストラン。子ども連れも多いのですが、でもその空間は、アートの香り高い素敵な雰囲気。

VandA10.jpg


メニューは、サンドイッチやベストリー、スイーツから冷菜、温かいパイのようなもの、ワインやソフトドリンクなど豊富。自分で運ぶトレイの柄は、ウィリアム・モリスです。

VandA11.jpg

VandA16.jpg


テーブル席は4つの部屋(空間)に分かれており、ひとつが上述の「モリス・ルーム」。


そして壁や柱の陶の装飾が素敵な部屋は「ギャンブル・ルーム」。デザイナー、画家のゴドフリー・サイクスがデザイン、彼の死後、弟子だったジェイムズ・ギャンブルが完成させたので、「ギャンブル・ルーム」と呼ばれています。

VandA12.jpg

VandA13.jpg


そして、ポルトガル伝統のタイルが貼られている部屋が「ポインタールーム」。画家でありデザイナーのエドワード・ポインター男爵がデザインした部屋です。


他に、白が基調のモダンな空間があります。

VandA15.jpg


夏は、広々とした中庭の一部もガーデンカフェになり、戸外でも飲食ができます。子ども連れも、たくさんいますよ!

VandA17.jpg


カフェの時間は、Daily: 10.00 - 17.15 /Friday: 10.00 - 21.30 。

V&Aのショップとお土産


文具から本、アクセサリーやスカーフ、クッキー、カップ、おもちゃなど、広いショップに様々なグッズがあります。


買ったことがあるのは、ウィリアム・モリスのカレンダー、ウィリアム・モリスのパッケージ柄のクッキー、エコバッグ(Souvenir Tote Bag)、コーヒーカップなど。アートが好きな人には、きっと喜ばれるお土産が見つかります。

V&A周辺のおすすめショップ、おすすめ観光など


ハロッズやハーベイ・ニコルズへ、徒歩10分~15分で行けます。途中には、素敵なカフェがいくつかありますよ。


また、Divertimenti Cookshop(ディベルティメント)というキッチン道具や食器のお店があり、ブランド物調理器具や食器などを売っています。お鍋やお皿は重いので買って帰るのは気をつけたほうがいいんですが、日本ではそんなに見かけないイタリアのSolimene(ソリメネ)というブランドの食器があまりに素敵だったので、がんばって買って帰ったことがあります!


<ビクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム>
Cromwell Road
London SW7 2RL
公式HPは、ここから!(http://www.vam.ac.uk/)


関連記事

  1. ロンドン美術館:テート・モダンの行き方と、見どころ、周辺のおすすめ
  2. ロンドンミュージアム:大英博物館の行き方と、見どころ、周辺のおすすめ
  3. ロンドンミュージアム:V&Aの行き方、見どころ、周辺のおすすめ